© 愛媛のクチコミ情報サイトひめぶろぐ[道後温泉Ver.] All rights reserved.

20193/14

楽器別演奏者の性格って??? その2

Tromboneおはようございます。スーパーバイザーの川尻です。
楽器別演奏者の性格その2となりました。

トランペットでスタートしたので今回はトロンボーン。金管楽器から取り上げていきます。

特に意図はないのですが、自分が金管だから取り上げやすいのかもしれませんね。木管や打楽器、鍵盤の皆様すいません。もう少しお待ちくださいね。

さて、本題ですが、今回も「Tha orchestra」のWebページから引用です。

 

Trombone
トロンボーンは楽器の形から見て、直線部分が少ないので、ストレートな物言いはなく穏和?どこか貫禄があり心の寛大な人が多い。人当たりがいい分、少々だらしがないところはあるが、協調性もあるのでトロンボーン奏者の回りには笑いが絶えない。芸人気質が強く、お酒の好きな人が多いとか・・・?

 

との記述。なるほど、中ほどの少々だらしない(トロンボーンの方ごめんなさい)との部分と直線部分が少ない?(まるで直線じゃないか!)は別にして、性格は僕の友人のトロンボーン奏者にはかなり当てはまります。 よく分析できているのですこし驚きです。

ちかじかコンサートに参加予定がありますが、打ち上げの幹事を任されたのがトロンボーンの人なんです。

今回の幹事は指揮者の先生からのご指名だったらしく、彼の性格見抜いてなのかな~・・・って思っています。

まさか先生が楽器別で考えたとは思いませんが。

 

Classic orchestra・Jazz Big bandにかぎらず、アンサンブルに参加する人は、常に仲間の音やリズムを聞きながら、最高の合奏になるように心がけています。コミュニケーションが苦手な人はオーケストラにおいて最高のパフォーマンスができません。ソリストやオペラ歌手の方も、その時どきの伴奏者とのリレーションによって、ソロを応援するようなバックアップを受けることになります。逆もまたしかりです。まるで社会の縮図ですね。

Big band

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語で偉大な歌手の事を「ディーバ」日本語訳すると「歌姫」とでも言いましょうか、

海外勤務のときにマネージャーから「あのお客様はディーバだから注意が必要」と言われたことがありました。

欧米のホテル業界では口うるさいお客様のことを「ディーバ」とも呼ぶそうです。

その口うるさいお客様達が、「私たちを育ててくれている」事を私たちホテルマンは忘れてはいけないのですね。

 

「芸は身を助く」とはよく言ったもので、オーケストラの経験が社会にでても役にたっているな~と、思い返す今日この頃です。

 

楽しい音楽のお話をできれば幸いです。松山は道後 茶玻瑠でお待ち申し上げております。

 

 

 

Source(転載元): 道後温泉 茶玻瑠さんの茶玻瑠ブログ
元のブログ記事はこちら:楽器別演奏者の性格って??? その2


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20216/13

おかえりなさい

毎年この時期になると、茶玻瑠の玄関口から可愛い鳴き声が聞こえてきます全員が巣立つまで見守ります♡ Source(転…

20216/11

母と娘の松山・道後2日間 vol.3~道後温泉編その2

2020年9月、GOTOキャンペーンを利用して、 愛媛県の松山に行ってきました。 2日間のコンパクトな行程でしたが、 松山城や道後温泉といっ…

20216/11

シナモンロール

朝食人気メニューの自家製シナモンロール Source(転載元): 道後温泉 茶玻瑠さんの茶玻瑠ブログ 元のブログ…

20216/10

お子様ランチ

新しいファミリープランのお子様ランチ♡ハンバーグやスパゲッティなどお子様の大好きなものをご用意 Source(転載…

20216/10

お子様といっしょに

新しくファミリープラン始めました‍‍♡お子様のデザートには、自分で作る世界に一つだけのパフェご家族で素敵な想…

ページ上部へ戻る