© 愛媛のクチコミ情報サイトひめぶろぐ[道後温泉Ver.] All rights reserved.

20194/12

おもてなしを形にするために必要な3つのこと?

サービス

 

 

スーパーバイザーでトランペット吹きの川尻です。
しばらく音楽ネタが続きましたので、今回は私の専門であるおもてなしについて感じたことを書きます。
おもてなしシリーズ、何回か書いていきますね。

先日ファミレスでランチしました。ハンバーグライス。皆さん、洋食でライス頼んだとき、 洋皿に盛られたライスはとても食べにくいと思いませんか? フォークも箸もあります。フォーク苦手な人は箸でお皿から頂きます。同じお店で和食頼めばご飯茶碗でもってきます。 白米は日本の文化です。ハンバーグに添えるからって洋皿にこだわる意味はあるでしょうか?ご飯茶碗もモダンデザインたくさんあります。なぜそこに気がつかないのでしょうか?

 

素晴らしい(おもてなしの心)を持った人でもこの気づき能力がないと、おもてなしの達人にはなれないようです。

日本人の細やかな心遣いは世界的にも認められる位のレベルでしたが・・・・?
最近はマニュアルを重視しすぎるお店が増えてきて、感動するサービスは少なくなっている気がします。
僕が思う接客に必要なスキルは3っつ

 

 

①先読みの力=お客様の顔色、目線、テーブル上の状況で次の行動が分かります。利用目的を知る努力を常にします。お誕生日? プレゼント? グラスの水が少ない? 次のリクエストがある? お客様に呼ばれてからではプロじゃない。

 

  1. ②専門知識=例えば紳士服売場。スーツのボタン立つときは留める。座ったら外して良い。モーニングは夜着用してはいけない。オフィシャルな靴は紐靴。生地の知識、その国の文化など、勉強をしないとアドバイスできませんね。
  2. ③行動力、勇気=先読みしても行動しなければ意味がありません。読みが外れて恥ずかしい思いをするかもしれませんし、マニュアルで対応できず。マニュアルに無い対応して上司に怒られるかもしれません。それでも行動するべきと思っています。
  3. マニュアルは誰の為にあるのでしょう? 結局はお客さまに良いサービスで楽しんで頂きたいからですよね?
    マニュアルで対応できない場合は、マニュアルから外れてOKです。

それが出来る環境を作るのは先輩がた、上司なのでしょう。

 

反省しかりです。

明日からまた頑張ります。

Source(転載元): 道後温泉 茶玻瑠さんの茶玻瑠ブログ
元のブログ記事はこちら:おもてなしを形にするために必要な3つのこと?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20199/15

必見の無料試食会! 23日はブライダルフェア

いつもふなやブログをご覧いただきありがとうございます。 いよいよ 9月23日(祝)は …

20199/14

想像の料理第7話 ”洋食”という呼び名

松山市にお住いの温泉好き中高年の皆さん、こんにちは。 中高年料理長の塚原俊二です。 今日もお料理の話でお付き合い…

20199/13

綺麗になるのはこの秋!

皆さん、こんにちは! 少しずつ秋が近づいておりますが、まだまだ暑い日が続いていますね 体調には充分お気をつけ下さいませ。     さて、山の…

20199/12

サービススタッフのお話し

こんにちは。 料飲サービスマネジャーの栗原です。 トップは空シリーズ、以前「白石ノ鼻」から撮った…

20199/11

残暑の厳しさ

こんにちは。 調理マネージャーの石田謙治です。 9月に入り秋を感じる日もでてきました…

ページ上部へ戻る