© 愛媛のクチコミ情報サイトひめぶろぐ[道後温泉Ver.] All rights reserved.

201511/10

四国遍路の心「お接待」

 椿館がある道後温泉は、皆さんもご存知の通り「四国八十八箇所」お遍路の町でもありますエクステンション
51番札所 石手寺から52番札所 太山寺への遍路路は、道後を通ります電球

 太山寺の吉川俊宏住職を塾長として、この冬に開校する「こども遍路塾」と「NPO四国路おへんろ倶楽部」「松山城東ライオンズクラブ」そして「道後温泉旅館協同組合」など様々な方々のご尽力を受けて、この11月8日に1回目の「お接待」を行いましたき

 道後温泉本館の東側にある「東屋(あずまや)」にて、
これから毎月第一日曜の午前10時〜午後4時までの間「お接待所」が開設されます矢印上

 さて、記念すべき第一回目の「お接待所」の様子がどうだったかというとkyu

 

 こんな看板で皆様の注目を集めました顔

そしてエクステンション

 銘菓に、季節の果物!そして、コーヒーなどなどコーヒーみかん

そして、人気を博したのがき

 飲むみかんゼリーみかん
このみかんゼリーは「株式会社 修斗」さんが、このお接待のためにご提供してくださいましたハート

 実は、修斗さん毎月2回、椿館玄関前にて直売も行ってくださっています手
何から何まで御世話になって、本当に感謝感激です顔

 そして、お接待の一番の楽しみは、人と人とのつながりや心のふれあいですテゴシマーク

 ちょっと一休みしながら、先達の資格を持つ方とお遍路談義に花を咲かせたり矢印上

 ご家族で道後へ観光に来られていたお客様にも、お接待エクステンション

そして矢印上

 ハンガリーからのお客様にも、観光案内をしながらお接待♪

 そんな、お接待中ですが、当館の社長・・・・ゆう★
季節柄もあり、そこここに舞い降りる木の葉が気になってお掃除を始めましたエクステンション
この背中にちょっぴり哀愁を感じたのは、私だけでしょうかDocomo108

 そして、お接待を提供させていただく側の一番の喜びは、こういう光景です電球

 そう、お遍路さんをはじめお接待を受けてくださった方々の「ありがとう」の言葉kyu

 お遍路さんへ出来る事を出来るときに出来るだけするのが「お接待」kyu
がんばって歩いてね手また、四国に来てねDocomo102そこに込める思いは、様々ですが一様にお遍路さんへの敬意があることだけは確かですお願い

 遍路を世界文化遺産へ!という動きも出てきていますハート
ニューヨークタイムスの「2015年に行くべき世界の52箇所」にも遍路が選ばれましたテゴシマーク
http://tsubakikan.jugem.jp/?eid=620

 この冬から始まる「子供遍路塾」はこういった時代の風を受けて、これからを担う子供たちに、遍路の心を伝え、その精神を学び、いつか発信していってほしいという思いを込めてスタートしますき

 最近は、自分と向き合う為に「お遍路」へ出るという方が多く、老若男女・国籍問わず様々なスタイルのお遍路さんを見かけますエクステンション
ぜひ、四国へお遍路旅におこしくださいませkyu

 
Source(転載元): ホテル椿館さんのスタッフブログ
元のブログ記事はこちら:四国遍路の心「お接待」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    • ルチル
    • 2018年 12月 04日

    私、2004年に四国八十八ヶ所霊場お遍路の旅をしました。
    51番・石手寺参詣で歩くの切り上げて道後温泉入ってゆっくりくつろぎました。
    道後のみかんゼリーを家族へのお土産に送りました。
    とても良い思い出です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

202011/22

二之丸光の庭園

二之丸光の庭園 開催期間 2020年11月20日、21日、22日、27日、28日開催場所 17:00~21:00(札止め20:30…

202011/18

11月17日、道後温泉旅館協同組合主催による「第5回新型コロナウイルス感染症対策講習会」が開催されました

11月17日、道後・古湧園遥にて、道後温泉旅館協同組合主催による「第5回新型コロナウイルス感染症対策講習会」が開催されました。   今回は…

202011/13

オレンジフェリーで行く愛媛旅

フェリーでのんびり船旅しました。 道後温泉から松山城、今治、東洋のマチュピチュまで足を伸ばしてきました。 Source(転載元): 道後…

202011/12

道後温泉周辺のカフェ

こんにちは(*‘ω‘ *) 今回は、道後温泉本館の目の前にある『一六茶寮』と言うお食事処&カフェを…

202011/12

2020年10月 どこかにマイルで道後ひとり旅#1

果たしてエドディルに到達出来たのか、という壮大なフリを一年以上放置してのんびり温泉旅行記なるものを。 年々旅の思い出の消えていくスピードが…

ページ上部へ戻る